どうにもとまらない

私の中では、山本リンダと言えば

ノリの良い曲を歌って踊っているイメージです。


当時としては斬新な軽快な踊りで

大人の色気を振りまいて踊っていました。


踊りのイメージは、サンバ調でした。


サンバのように過激に腰を振って踊っていました。


見る者、聞く者すべての人を、熱狂の渦に巻き込むような

そんな激しい音楽とダンスでした。



歌のさわりの歌詞

「うわさを信じちゃいけないよ

私の心はうぶなのさ~」

の"どうにもとまらない"です。


題名: どうにもとまらない

作詞/ 阿久悠 作曲/ 都倉俊一

歌/ 山本リンダ

1972年6月5日発売

動画の後半は「狙いうち」です。 


YouTubeの歌と音楽と懐メロ無料PV視聴(試聴)

YouTubeの歌と音楽と懐メロ無料PV視聴(試聴)より | 山本リンダ